けやき日記

丸岡太鼓店のブログ。太鼓造りをしながら思った事や公演、イベントのご案内。

昨日、上村吉弥さんの”みよし会”のお稽古で松竹座の稽古場に行ってました。


もちろん鳴り物道具は私が担当させていただいております。

で、”お昼何食べよかな〜”と思って外に出てそやそや法善寺のそばに

インディアンカレーが近くにあったなと思い出し何年かぶりで行ってみました。

初めて食べたのはいつやったかなあ、多分15〜6歳のときに親父と一緒に

堂島の毎日ホールへ長唄等の舞踊会の仕事で行ったときやと思います。

値段は500円やったはずで今は730円です。

最初一口食べるとほんのりとした甘さを感じたので”なんや、お子様向けかい”と

子供のくせに生意気にもそう思いましたがすぐに辛さが口の中一杯に広がって

えらい汗かいたのを覚えています。今まで食べてたカレーとは違うこれはうまいなあ

とすっかりファンになりそれからはちょくちょく食べに行ったものです。

子供が出来てからはなかなか行くことが出来なくてそれでも食べたくなったときに

思い切って当時10歳位の娘と一緒に行きましたが、子供にはやはり強烈やった

ようで今でもカレーの話題になったときには当時のことが思い出されます。

で、この毎日ホールにもいろいろ思い出がって平成元年の頃やったと思いますが

舞踊の下合わせ(リハーサルのこと)で10時30分入りで車で向かったところ

大阪市内がデモで大渋滞。普通40分あれば余裕でいけるところがなんと2時間半も

かかってしまいお師匠さん大激怒でひたすら謝ったことが今では懐かしく思い出されます。

たしかメーデーか何かで労働組合?の大規模なデモ行進だったように後で聞き、

今日も働いてる人がいっぱいおるんやぞと恨みました。間違ってたらゴメンナサイ。

ほいでこのホールには2尺5寸の欅の宮太鼓を入れてたのですが、ホールの取り壊しが

決まって解体するまでの間にこの太鼓がなくなってどこ行ったかわからんという話を

聞きました。真相の程は分りませんが・・・

松竹座の稽古場のことを書こと思てたのに毎日ホールの話になってしまいましたけど、まあええか。