けやき日記

丸岡太鼓店のブログ。太鼓造りをしながら思った事や公演、イベントのご案内。

能楽小鼓と文楽三味線で紡ぐ小鍛冶



能楽小鼓と文楽三味線で紡ぐ小鍛冶


白鷹禄水苑 宮水ホール


8月10日(土) 午後3時開演(午後2時30分開場)


能の謡と浄瑠璃語りの掛け合いで進行するストーリー。時には謡に三味線、またある時には浄瑠璃に小鼓が重なり、そしてついには三味線の弦の響きを追いかけるように鼓が静かに滑り出す。渾然一体となる能と文楽の世界。そこに紡ぎ出されるのは、かつて体験したことのない、全く新しい芸能のかたちです。


<出演>


  鼓   :久田舜一郎


三味線  :鶴沢藤蔵


  謡   :梅若基徳


文楽太夫:竹本津駒大夫



「小鍛冶」あらすじ


夢のお告げを受けた天皇の命により、勅使が刀匠として名高い三条小鍛冶宗近のもとを訪れ、剣を打つように命じる。宗近は折悪しく自分に劣らぬほどの腕前を持った相槌をうつ者がいないため、辞退しようとするが断れない。宗近が氏神の稲荷明神に祈願すると童子が現れ、日本武尊の草薙の剣も物語などを語り、剣を打つように勧め、神通力で力添えすると言って消える。宗近が鍛冶場で待つと稲荷明神のご神体が狐の精霊の姿で現れ、約束通り相槌を打ち、見事に剣を鍛え上げる。



開催概要・お申し込み方法


日 時


平成25年 8月10日(土)


14:30 開場 15:00 開演


会 場


白鷹禄水苑 宮水ホール


費 用


一般 : 前売り4,000円(当日4,500円)


アカデミー会員 : 前売り3,500円(当日4,000円)


備 考


※全席自由(定員になり次第締め切らせていただきます)


※蔵出し限定酒あるいはソフトドリンクのワンドリンク付き


※公演終了後に、出演者を囲んでの「ほろ酔い談義」を開催します。


詳細URL http://www.hakutaka-shop.jp/event/nou_bunraku/p4.html


f:id:maruoka-taikoten:20130804141432j:image:w360