読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けやき日記

丸岡太鼓店のブログ。太鼓造りをしながら思った事や公演、イベントのご案内。

第五回システィーナ歌舞伎

歌舞伎

「満月阿波噺 Le Mariage de Figaro フィガロ

水口一夫・作 演出

藤間勘十郎・振付

 

【日程】2014年2月14日(金)・15日(土)・16日(日)

    ※歌舞伎公演の為 美術館貸切(休館日)

 

【時間】午前の部 11:00/午後の部 15:30

    ※30分前開場/途中休憩含む

    ※美術館開館 9:30 閉館 19:00

 

【会場】大塚国際美術館 システィーナ・ホール

 

【入場料(美術館入館料・観劇料込)】

    S席 12,000円 A席 10,000円

    ※当日は500円増 ※未就学児は入場できません。

※当日券販売は見送らせていただくことになりました。ご了承ください。

【配役】福江 五郎   片岡 愛之助

    侍女 鈴絵   中村 壱太郎

    奥方 露路   上村 吉 弥

 

【あらすじとみどころ】

 阿波の国、満月城の近習頭を勤める福江五郎(愛之助)は、親の顔を知らない孤児であった。しかし、その努力と才智で、領主有間美輪大夫の信任を得ていた。

 五郎は、月見の宴で、奥方露路(吉弥)付きの侍女鈴絵(壱太郎)と出逢い、お互いに強く惹かれあう。

 しかし、二人が祝言をあげるには、幾つもの障害があった。領主有間美輪大夫は、表面的には二人の仲を認めながら、鈴絵に思いをかけ、密かに云い寄っていた。

 また、中老毬代は、年がいもなく、福江五郎に恋慕し、自分の夫にと画策していた。

 困った二人は、奥方露路に相談し、領主を懲らしめる案を練る。一方領主は、鈴絵をわがものにせんと秘策を思いつく。

 互いに狸のばかし合い、満月城はてんやわんや...

 

【発売日】12月17日(火) 午前10 時より販売開始

 

製作 松竹

主催 大塚国際美術館

共催 徳島新聞

後援 四国放送/ エフエム徳島/ 徳島県/ 鳴門市/ 鳴門市教育委員会

文化立県とくしま推進会議 文化の力によるまちづくり支援事業助成

f:id:maruoka-taiko:20140204104017j:plain

f:id:maruoka-taiko:20140204104030j:plain