けやき日記

丸岡太鼓店のブログ。太鼓造りをしながら思った事や公演、イベントのご案内。

猫塚供養

 

猫塚供養は毎年四月の第一午の日に猫塚供養は行われます。

(都合により日程は変わります)
場所は大阪市西成区太子にある松ノ木大明神。
狭い路地のドン突きにあるので初めて行く人はまず迷います。
 
20世紀の幕が開いた明治34年。
その2年後(明治36年)に天王寺公園で開かれる第5回内国勧業博覧会に合わせて室上小三郎が花街や芸人から資金を集めこの地に建立。同時に博覧会のため天王寺公園より近松門左衛門の碑も室上小三郎によりここに移設しました。
松ノ木神社のすぐそばにはてんのじ村がありそこには芸人がたくさん暮らしていました。
 
大阪邦楽器商組合ではこの猫塚のことを昭和55年(1980年)に知り以降猫塚顕彰会として毎年供養し現在に至っております。
f:id:maruoka-taiko:20160419212623j:image
三味線の胴の形の猫塚
f:id:maruoka-taiko:20160419213728j:image
平安堂近松巣林子信盛碑と刻まれています。
近松門左衛門の本名は杉森 信盛(すぎもり のぶもり)。
平安堂、巣林子(そうりんし)は近松門左衛門の号。